きらりを見つける、ふらりとでかける、
名古屋を楽しむ暮らしサイト

  • Instagram
  • Facebook

ららライフ100のこと

ららライフ100のこと

朝のひととき、休日の午後、寝る前の1時間。何気なく過ぎていく日常は、少しの新しいエッセンスで素敵になるはず。毎日が楽しくなるコツや、新しい趣味を見つけるヒントを集めました。「やってみたい」が見つかる、暮らしのアイデア帳です。

2018/07/31

vol.13 お気に入りをメモ。“マイ手土産リスト”で、とっさの訪問も安心!

実家に帰省するときや、友人の家に遊びに行くとき。とっさの手土産に何を買おう?と迷った際に、自分の中の定番手土産リストがあると便利。今回は、愛知県在住のインスタグラマー(@junko.214さん)に、お気に入りの手土産を教えていただきました。

●ウイロバー (大須ういろ)

しっとりもちもち食感が好きで、小さい頃から好んで食べていた“ういろう”。大須ういろの「ウイロバー」は、クラフト系のおしゃれなパッケージに、アイスクリームのような?マニキュアのような?ういろうの形状がポップで新鮮!
そのまま持って食べられて、手が汚れることもなし。大人から子どもまで手軽に楽しめて重宝しています。

●黄金わらび (ツバメヤ)

岐阜市柳ヶ瀬商店街の一角に本店のある和菓子屋ツバメヤ。どらやきもおいしいのですが、口の中で溶けるようなふわふわ、とろ~り食感のわらび餅の大ファンです。本店では「本わらび餅」が、大名古屋ビルヂング店では、純黒糖入りわらび餅の「黄金わらび」が販売されています。

●登り鮎 (玉井屋本舗)

長良川の清流で遊ぶ若鮎をモチーフにした「登り鮎」。素朴でかわいい見た目もさることながら、上質な小麦粉と玉子をたっぷり使ったカステラ生地で求肥が包まれ、しっとり、もっちりとした上品な味わいです。年配世代から子どもまで、幅広い世代に好まれると思います!

皆さんも、日頃から食べてみて「おいしい!」と思った和菓子やおやつをメモして、オリジナルの“マイ手土産リスト”をつくってみてください♪

ららライフ100のこと一覧へ

AQULS
LaLaport
三井不動産

New Report

pagetop