きらりを見つける、ふらりとでかける、
名古屋を楽しむ暮らしサイト

  • Instagram
  • Facebook

るるる♪なおでかけ

るるる♪なおでかけ

まだ見たことのない景色、触れたことのないもの、味わってみたい一品。その場所だから体感できるワクワクを探しに。今話題の場所からその季節だけの楽しみがある場所まで、次の休日に行きたくなるようなおでかけスポットを提案します。

2018/11/30

イルミネーションが彩る夜の遊園地「名古屋港シートレインランド」へ

名古屋港水族館のすぐ隣、入園無料の遊園地「名古屋港シートレインランド」。小さな子どもから遊べるアトラクションがいくつもある、ファミリー向けのおでかけスポットです。12月25日(火)まではイルミネーションを開催中。夜になると、昼間の遊園地とは一味違った表情を見せてくれます。ロマンチックな冬の遊園地を、フォトジェニックに楽しんでみて。

観覧車やメリーゴーランドも、夜には煌びやかにライトアップ。イルミネーション期間中には、さらに約5万球のライトが園内を彩りクリスマスムードを盛り上げます。
高さ85mの大観覧車は中部地区最大級。メリーゴーランド越しに観覧車を撮ってみると、メルヘンな世界を1枚に収めることができます。
※各アトラクションの利用には料金が必要です。また、アトラクションに乗りながら撮影することはできません。

遊園地の定番であるメリーゴーランド。白馬の背景にちょうどイルミネーションのライトが入るように撮ると、ぐっと輝きを増した写真に。大人になってからメリーゴーランドに乗っていない…なんて人も、イルミネーションの中で白馬や馬車に乗れば非日常気分が味わえるかも。

園内には、かわいいハートのオブジェや、名古屋港らしいイルカのオブジェも登場。イルミネーションのライト越しにハートを撮ってみると、光がキラキラとハートを囲んだ幻想的な1枚に。カップルでハートと一緒に記念撮影するのもおすすめです。

こちらは、ファミリースインガーというアトラクション。ブランコがクルクルと回転し、空中で風を切る浮遊感が味わえます。遊園地で一度は乗ったことがあるという人も多いアトラクションですが、夜の雰囲気に包まれるとイルミネーションの光を体全体で受けているような感覚に!

観覧車は特に人気のアトラクション。2台限定という、床から扉まですべて透明なシースルーゴンドラがイチオシです。360度広がる雄大な景色を眺めながら、空中散歩のようなひとときを。

観覧車から見渡す夜景は、思わず写真を撮りたくなる美しさ。名古屋港周辺はもちろん、名古屋市内を一望できます。

11月9日には、4種類のデジタルゲームを楽しめる新アトラクション「デジタルASOBU」がオープンしたばかり。水族館の帰りに訪れても楽しい「名古屋港シートレインランド」。イルミネーションとアトラクションを満喫する冬の夜を過ごしてみては?

おすすめ立ち寄りスポット

南極を航海する船員気分!名古屋港に浮かぶ「南極観測船ふじ」

観光施設が集まる名古屋港には、ほかにも見どころがいっぱい。「南極観測船ふじ」は、1965年から18年もの間、南極観測のために活躍した砕氷船(さいひょうせん)です。現在はガーデンふ頭に永久係留しています。港に浮かぶ、オレンジ色の大きな姿に見覚えがある人も多いのでは。船内は当時の姿のままに保存されていて、船員になったような気分を味わえます。

B1階~3階まで設備がある船内。各階に観測隊員や一般乗組員が居住する場所や、調理室・大食堂などがあります。2階はヘリコプター格納庫を展示室に改装して「南極の博物館」として活用。「極感ドラマチックシアター」では、4面大型スクリーンで迫力ある映像を体感できます。まさに今「ふじ」に乗って南極を航海しているかのような映像は、臨場感満載。海へのロマンを感じながら、はるか南極に思いを馳せてみるのも良いですね。

るるる♪なおでかけ一覧へ

AQULS
LaLaport
三井不動産

New Report

pagetop