きらりを見つける、ふらりとでかける、
名古屋を楽しむ暮らしサイト

  • Instagram
  • Facebook

ららライフ100のこと

ららライフ100のこと

朝のひととき、休日の午後、寝る前の1時間。何気なく過ぎていく日常は、少しの新しいエッセンスで素敵になるはず。毎日が楽しくなるコツや、新しい趣味を見つけるヒントを集めました。「やってみたい」が見つかる、暮らしのアイデア帳です。

2019/06/10

vol.35 部屋が華やぐウォールアイテムで、インテリアをもっと楽しく。

部屋を自分好みにオシャレに飾りたい。シンプルすぎて味気なく感じてしまう部屋の雰囲気を変えたい。そんなときには、部屋の面積の大部分を締める壁面をキャンバスに見立てて、インテリアを楽しんでみては。簡単に取り入れられて、大きく雰囲気を変えてくれるウォールアイテムと、取り入れるコツをご紹介します。

①アート、ポスター、写真など
アートやポスター、写真を額に入れて飾れば、雰囲気がぐっと増します。気をつけたいのは家具や他のインテリアの色やテイストと合わせること。大きなものをどんと1枚飾ってみたり、同じテイストのものをいくつか並べてギャラリーのように飾ってみたり、大きさや飾り方でさまざまな楽しみ方ができます。ある程度大きさがあるものなら、床にただ置くだけでもOK。アートだからと気取らないラフさがオシャレに部屋を演出してくれます。

②ファブリックパネル、タペストリーなど
アートやポスターよりも気軽で、柔らかい印象を与えてくれるファブリックパネルやタペストリー。自分好みの布を見つけたら、パネルに貼付けて手づくりすることだって難しくはありません。タペストリーもさまざまなものがありますが、例えば一輪挿しが入るようなもので壁面に季節の花やグリーンを飾るのも良いですね。

③レコードやポストカードもウォールアイテムに
身近なものをウォールアイテムにしてしまうのもひとつの手。レコードジャケットをポスターのように飾れるレコードフレームというアイテムも。ポストカードだってフレームに入れると立派なウォールアイテムに。少し大きめのフレームに入れて余白を作るとオシャレな印象になります。

シンプルな壁もすっきりしていて素敵ですが、好みのウォールアイテムで壁を彩って新しい季節を迎えてみてはいかが?

ららライフ100のこと一覧へ

AQULS
LaLaport
三井不動産

New Report

pagetop