きらりを見つける、ふらりとでかける、
名古屋を楽しむ暮らしサイト

  • Instagram
  • Facebook

ららライフ100のこと

ららライフ100のこと

朝のひととき、休日の午後、寝る前の1時間。何気なく過ぎていく日常は、少しの新しいエッセンスで素敵になるはず。毎日が楽しくなるコツや、新しい趣味を見つけるヒントを集めました。「やってみたい」が見つかる、暮らしのアイデア帳です。

2019/10/16

vol.37 空き瓶をリメイクして、オシャレなインテリアに。

ジャムの空き瓶やワインボトル、調味料や食品が入っていた小瓶類。形もさまざまで、色も透明だったり、淡いブルーやグリーンだったり。
綺麗に洗い、ラベルを剥がして並べてみるだけでも可愛い、捨てるにはもったいないアイテムです。さらに、少しアイデアを加えると手軽にオシャレに、インテリアに取り入れることができます。

①植物と一緒に
小さな花や植物の一輪挿しに、可愛らしい小瓶はぴったり。ひとつだけちょこんと置いてみるのも、あえて大きさや形がバラバラの瓶をいくつか並べてみるのも素敵です。小さな花や植物を飾るだけで、部屋がパッと明るくなります。
麻紐などをくるくると瓶に巻きつけて、吊るす方法もオススメ。グリーンネックレスやポトスなど垂れ下がる植物や、エアープランツともよく合います。

②見せる収納として
爪楊枝やクリップ、リボンや毛糸などの細々した日用品を、コロンとした形の小瓶に入れて並べるだけで可愛らしく見えます。オリジナルのラベルを貼って統一感を出したり、色を塗ってみたり、布や紙を貼ってプチDIYを楽しんでみたり。アイデア次第で可能性が広がります。

③キャンドルやランプとして
砂を詰めた瓶にキャンドルを入れて火を灯せば、空き瓶が素敵なキャンドルホルダーに。いくつか並べれば自宅でロマンチックなキャンドルナイトを楽しめます。
さらに、瓶のフタに穴を開けてペンダントライトのシェードにすれば、空き瓶ランプにも。ガラスで屈折する柔らかな光が美しく、癒されます。もしDIYが苦手なら、クリスマスに飾るようなLED照明をワインボトルに詰め込むだけでも、大人な雰囲気のボトルライトが完成します。特別な日のディナーをムードたっぷりに演出してみてはいかがでしょう。

アイデア次第でさまざまに楽しめる空き瓶インテリア。家にある可愛い空き瓶は捨てずに、ぜひ思い思いの使い方で楽しんでみてください。

ららライフ100のこと一覧へ

AQULS
LaLaport
三井不動産

New Report

pagetop